5番街のマリー続編

夕方5時に英会話無料スクール(塾っていうか・・)終わって店にいき、1階のレストラン入り口にあるバーカウンターに入り、手伝う。これは勝手にやっているのでギャラはない、ここでカクテルのつくり方を教わり2階のPRをする・・オーナーとすればどっちが儲かっても同じことだから野放し状態・・2階に客が集まると上に行ってウェイトレス兼歌手をする・・バンドメンバーは5人、アチコチでスカウトした寄せ集め・・メンバーはよく変わる日本と違う、さまざまな問題がある。これは又くわしく書きますね。バーは早い店は朝10時頃からやってる、ジャクソンハイツを歩いていたらバンドの演奏が聞こえた・・早速、入ってみた、タタミ2畳くらいのスペースにドラム、キーボード、ベース、ギター、コンガ・・フツームリだよ~。ムリが多いのがNY?とりあえず、コンガの男は20くらいの黒いイケメン・・一緒にいった人がコンガの人メチャクチャうまい!・・彼はクルセーダーズのメンバーと友達、特にジョーサンプルと親しく、そのお陰でマリーはカーネギーホールに2度も行った(楽屋へ)早速、休憩に、いくら、もらってるの?から始まり、チップ制だというので週休だすからこないか?と誘う、次の日から5番街にいた・・深夜の盛り上がりに拍車がかかり・・彼は次の日に親戚10人くらい呼んできた・・彼(プエルトリカ、名前はペペ)決まったお金を貰うのは初めてだから、それに変な店だけど5番街・・自慢したかったんだ・・苦労してたのです・・お母さんお父さん、その他から、ペペをよろしくお願いします、と丁寧に飲みながらあいさつされた・・・のでした。
[PR]
by marieloumarie | 2010-06-07 14:43